PostgreSQLのバックアップを取ってみる

PostgreSQLのバックアップを取ってみる

pg_dumpで実行する場合パスワードなしだと下記のエラーが出る
たぶんpg_hba.confでローカルならパスワードなしOKって設定ができると思いますが…

pg_dump: [archiver(db)] connection to database “hogehoge” failed: fe_sendauth: no password supplied

オプション -w でもスルーできない場合に困る。
cronで実行したいときとかにね。

そのときは「.pgpass」ファイルで回避可能ですよ。

上記ファイル名でファイルを作成し、パーミッションを600にします。
そうしないとエラーで怒られます。

.pgpassの中身は下記

パスワード以外はワイルドカード(*)のしてもありです。

ファイル作成後に下記のように実行するとOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA