MySQLのバックアップ(mysqldump)を使ってみる

MySQLのバックアップ(mysqldump)を使ってみる

データ量が多いDBだとphpMyAdminからはデータエクスポートに時間がかかるorタイムアウトになる。
そういうときはコマンドからdumpしちゃいましょうって話

コマンドもMySQLのバージョンで警告がでるみたい。

昔は下記のコマンドで行けてた

そうすると下記の警告が発生。
(バージョン5.6から出るようになりました)

Warning: Using a password on the command line interface can be insecure.

警告なので無視することもできるのだけど。
気分的に良くないのでちゃんと手直ししてみましょう。

警告文はパスワードをコマンド上に表示させるのはセキュリティ上よくないぜよ と言っております。

コマンドに出さないようにするためにはパスワードを保存しておくファイルを作成して
それを読み込んであげることで回避できます。

まずはパスワードを保存しておくファイルを作成します。
ファイル名:mysql.cnf

中身↓

そしてコマンドは下記!
※–default-fileは一番最初に指定します。

ちなみにmysql.cnfにdatabase=hoge とデータベース名を入れると下記の警告がでます。

Warning: Using unique option prefix database instead of databases is deprecated and will be removed in a future release. Please use the full name instead.
Warning: mysqldump: ignoring option ‘–databases’ due to invalid value ‘hoge’

設定ファイルにdatabaseは指定しないほうが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA